結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 校則とセーターの話にょ

<<   作成日時 : 2009/04/17 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 学校の校則ってのは近年の新設校でもない限り、昔からの時代遅れの規則が残ってて、肝心の生徒には理解不能ってのがあるのは今も昔も変わらないと思うにょ。中でも服装等身だしなみに関する規則は校則制定当時のファッションの流行とかの受けてるから、時代が変わってしまうと書いてある語句自体がすっかり死語になってしまっててマヌケを通り越してしまってたりするにょ。
 あすかの学校時代の校則には「狼カットは禁止」だとか「アイビーベルトは禁止」とか書いてあったんだけど、それだけ特定して名指しで禁止してるんなら他なら良いのか?とかいう、よくわからない規則があったにょ。

 ま、そういう特定のファッションを禁止するとかならまだ良いんだけど、中にはもっと変なのがあったにょ。
「セーターはシャツの下に着ること」とかいうのがそれにょ。
 シャツというのはYシャツとかカッターシャツのことで別に下着のことではないから、肌に直接着ろって意味じゃないだろうけど、何なんだろうかにょ? 日本で一般的にセーターと呼ばれてるものはシャツの上から着るか、シャツ無しで長袖の下着の上に単独で着るのが普通だと思ってたから、とても珍妙な規則に思えたにょ。
 シャツまでが制服だから、そうじゃない余計なものはその下にしか着るなという無茶な校則じゃないかと思ってたりしたにょ。

 ところが、近頃はトレーナーのことをスウェットって呼んでるみたいだけど、これって語源はセーターと同じで英語の「sweat」から来てるみたいにょ。で、調べてみたら、元々セーターというのは今のスウェットのようなものを指してたみたいにょ。それがいつの間にか防寒着を指すように変わってしまったみたいにょ。
 ま、スウェットならシャツの下に着ろと言われてもそんなに無茶な話ではないかもしれないにょ。でも、その校則のセーターがスウェットのことを指していたとは思えないのは確かにょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
校則とセーターの話にょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる