結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 再起動用プログラムランチャー『ResetLaunch』を使うにょ

<<   作成日時 : 2017/09/22 20:31  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、Vectorに『ResetLaunch』とかいう自作ソフトを登録したけど、説明文とか取扱説明書だけではちょっと使い方が分からないとか、多々あるとは思うにょ。そこで、ちょっとだけ使いかたのヒントになりそうなこととかを記しておくにょ?

1.『ResetLaunch』って何?

 ソフトの機能としては「再起動用プログラムランチャー」としてるにょ。一般的なプログラムランチャーというのは、よく使うアプリとかをメニューなり一覧形式にまとめて起動しやすいようにするようなソフトウェアかにょ。

 昔はメーカー製のPCを買ったら最初から独自のプログラムランチャーが組み込まれていて、素でOSの画面を立ち上げたい人には邪魔だとかいうことがよくあったにょ。今でもAndroidスマフォの一部にはそういうものが組み込まれている場合もあるにょ。
 そういう初心者向けにOSの画面を隠そうとか、OSの画面を回避してアプリだけ起動できるようにしようとかいうおせっかいなソフト以外にも、OSのメニュー画面とかの不便さを補う形で任意で呼び出せる形のプログラムランチャーとかはフリーソフトでたくさん出てるにょ。

 この『ResetLaunch』はそういう一般的なプログラムランチャーとは少し違うにょ。任意のアプリを登録して起動させる機能を持つという点では同じだけど、一般的なプログラムランチャーが「アプリを簡単に起動できる」ということを主目的にしているのとは違って、『ResetLaunch』の主目的はそうやって起動したアプリを「簡単に再起動できる」ということだにょ。


2.アプリの再起動って?

 別にアプリが常に正常に動いてくれていれば問題ないのだけど、世の中の多くのソフトはCPU速度や占有率・メモリ容量等のリソース面、オンメモリデータの肥大化、異常データの発生、アプリ自身の不具合やユーザーの誤操作などなど様々な原因で、期待しない動作を起こしたりフリーズして反応がなくなってしまう場合があるにょ。
 例えば、タブを開き過ぎたりクソ重いサイトを開いたりすると途端に固まってしまうブラウザソフト、クソ重たくてすぐにフリーズするオンラインゲームのクライアント、機能的には問題ないのだけどバグを取り切れていない開発中の自作ソフトとかかにょ。

 発生頻度が少なく、そんなに頻繁に使うことのないアプリならその都度タスクマネージャーを立ち上げて強制終了させ起動し直したり、ついでにPC自体を再起動させたりするのも手間ではないだろうけど、割とよく発生するのだけど常時使う必要があるアプリだとしたら、いちいちそんな手間を掛けるのは面倒だにょ。

 そこで、アプリの強制終了と起動のやり直しの手間を省くのが、この『ResetLaunch』だにょ。


3.使い方のヒント

 基本的な使用法は取扱説明書にあるので、その周辺的な使い方のヒントを幾つか記しておくにょ。

(1)スタートメニューへの登録

 Windows 10の場合、以下のフォルダにショートカットを置けばスタートメニューに登録されるにょ。

 C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\
 (ユーザー名)の部分はログイン時のユーザーアカウント名

 @エクスプローラーで「ResetLaunch.exe」を右クリックし、メニューから「ショートカットの作成」を選択
 A作成したショートカットをエクスプローラーで上記のフォルダ(またはその任意のサブフォルダ)に移動
 B必要に応じてショートカットの名前を変更(拡張子「.lnk」は変更しないこと)

 同様にスタートメニューから削除する場合は、このショートカットを削除すればOKだにょ。


(2)スタートアップへの登録

 スタートアップに登録すると、PCの起動時(自ユーザーアカウントでのログイン時)に自動的に『ResetLaunch』が起動するにょ。
(起動するのは『ResetLaunch』本体だけなので、登録されたアプリは手動で起動のこと)

 Windows 10の場合、以下のフォルダにショートカットを置けばスタートアップに登録されるにょ。(ショートカットの置き方はスタートメニューの場合と同様)


 C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup\
 (ユーザー名)の部分はログイン時のユーザーアカウント名


(3)使用中

 この『ResetLaunch』は起動したアプリのプロセス情報を保持して再起動(停止)を行うため、『ResetLaunch』自体を終了してしまうと機能しません。PC起動中(または完全に不要になるまで)は起動している必要があるにょ。
 そのため、ウインドウサイズは小さめに作って、他のソフトの操作の邪魔にならないようにしてあり、また誤動作防止用のキー設定の機能もあるにょ。とはいえ、そう頻繁に操作を行わないのであれば最小化を行い、必要な時はタスクバー上のアイコンから開くのがスマートかにょ。

 もっとも、Windowsのシステム自体の動作が不安定になってくると、真っ先にタスクバーが反応しなくなったりするので、そういう環境での使用を想定する場合は、開いたままになってたほうが安心かにょ。もっとも、そういう状況では『ResetLaunch』を含め、あらゆるソフトの動作自体が不安定になってるだろうから、システムそのものを再起動することを勧めるにょ。


(4)システム再起動

 動作設定の中に隠し機能みたいに付けてるものだけど、通常で使うようなことを想定してるわけではないにょ。タスクバーがフリーズしてスタートメニューが開かなくなったり、Ctrl+Alt+Delが効かなかったりして、どうしてもシャットダウン等の機能をソフト上から呼び出せなくなった時に、『ResetLaunch』が機能していれば使えるかなという程度のものかにょ。(そのような場合は、おそらく『ResetLaunch』も機能してないと思うけど)
 あくまで、「電源ボタン長押しでシャットダウン」に至る前の気休め程度のために付けてあるにょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
再起動用プログラムランチャー『ResetLaunch』を使うにょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる