結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉野家の失敗について考えるにょ

<<   作成日時 : 2012/10/09 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 マクドナルドが唐突にレジのメニューを撤廃して物議をかましてるって話だけど、マクドでセットメニュー以外が注文しにくいって話は今に始まったことじゃないだろうにょ。ま、今回はそれ以外でも度を過ぎて不便になってるわけだから、今後どういう展開になるのかは見ものだけど、それはさておき、吉野家の話にょ。

 すき家や松屋が安売りを続けてる中、「伝統の味を守る」と頑なに1ランク高い価格帯を維持した結果、牛鍋丼などの廉価メニューを出したりもしたけど、売れ行きは良くなりませんでしたとかいう話にょ。

 ま、そもそもと言えば、米国産牛肉の狂牛病騒ぎがあった時に「米国産じゃないと吉野家の味にならない」と豪州産牛肉を拒否し、ほとぼりが冷めるまで牛丼の販売を停止したのがケチの付きはじめにょ。その後、米国産牛肉の輸入再開に伴って牛丼は復活したけど、今度は長引く不況を反映して業界上げての安売り合戦が始まったけど、今度はそれには乗らないと値下げ拒否、でも安売り目当ての客は欲しいと牛鍋丼投入というのが大体のストーリーにょ。
 でも、結局のところ、客はすき家や松屋に流れていて、「吉野家伝統の味」は多くの客にはどうでも良いということが証明されてるという話だろうにょ。

 確かに「吉野家の味」に根強いファンがいることは確かだろうににょ。牛丼の販売停止中も他の牛丼屋には行かずに、吉野家の豚丼で食い繋いだって客も少なくはないと思うにょ。でも、それは「牛丼」という市場の顧客の中のごく一部に過ぎないって話にょ。いくらコアなマニア層の満足を満たしていても、それ以外のマスを顧みなければ、ファーストフードの大規模チェーンは成り立たないにょ。

 おそらく吉野家としては「味を維持すれば客は支持してくれる」と思ったんだろうけど、それはコアな吉野家ファンにしか通用しないってことに気付かなかったのかにょ? 確かにそういう勝負の仕方はあるにょ。でも、それはファーストフードの大規模チェーンがやることではないにょ。
 頑固親父が板前の高級料亭とか、そういう世界の話にょ。安倍晋三のカツカレーではないけど、高級和牛を使った一杯3000円ぐらいの特製牛丼が自慢だかいう世界の話だにょ。吉野家が大衆向けの大規模チェーン店である限り、ターゲットの客は高級料亭の客とは違うにょ。コアな吉野家ファンではない客にアピールするものがないと経営が成り立たなくなって行くのは自明にょ。

 安いメニューなら牛鍋丼があるじゃないかって話になるかもしれないけど、実際のところどうなのかにょ? 一見さんのファミリー客なら牛鍋丼でも抵抗ないだろうけど、吉野家のターゲット層から見ると、吉野家で牛鍋丼を注文するのは惨めに感じるような気がするにょ。それこそ、吉野家のブランドイメージの呪縛というか、コアな吉野家ファンに支持されたイメージからくる疎外感というものが強く感じられるように思うにょ。
 これが、すき家や松屋で「牛鍋丼」という格安メニューがあったとしてもそういうことはないのだろうけど、「吉野家だからこそ牛丼」というイメージで、かえって逆効果になってるんじゃないのかにょ。
 それこそ同じぐらいの値段なら、吉野家で牛鍋丼食うよりは、すき家や松屋の牛丼食う方が良いという話になるにょ。(もちろん、コアな吉野家ファン以外の人の話)

 結局のところ、大規模チェーン店の売上は経営者側の思惑がどうであれ、いかにコアなファンが付いていようがいまいが、マスの動向が第一だという分かりきった話にょ。ま、これがバブル期みたいにみんな金が有り余って困ってるとかいう状況なら話は別なんだろうけど、今の景気状態じゃオーソドックスに現実を直視するしかないにょ。

 とはいえ、吉野家が「伝統の味」をかなぐり捨てて安売り牛丼一筋になってしまったらコアな吉野家ファンは悲しいだろうから、「高級牛丼」なり「元祖吉野家牛丼」として別メニューとして残すって手はあるにょ。もっとも、その場合、その「伝統の味」の牛丼は今よりある程度高くしないと採算は合わなくなるだろうけどにょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
吉野家の失敗について考えるにょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる