結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・生活保護受給者は現代の賤民なのかにょ

<<   作成日時 : 2012/05/25 04:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

生活保護受給者は現代の賤民なのかにょ
とか書いてたら……

 案の定、芸能人の家族の不正受給問題の騒ぎに乗じて「正義」を振り回してる野党のアホ議員とか、英雄気取りのドヤ顔で支給減額を言い出すアホ厚労相とか、まんまと事件の炎上を利用しようとしてる黒幕のシナリオ通りに動かされてるって感じで間抜けすぎにょ。

 ところで、BLOGOSのコメント欄とか見てたら、現物支給とか強制収容施設とか強制労働とかいかにも正義ヅラで主張してる連中ばかり目につくけど、こいつら自分がそういう状況になった時のことってまったく考えてないんだろうにょ。

 生活保護が多少は贅沢なのは、元来は生活再建のための一時的な支援を想定してるからであって、万年受給者の存在を理由にギリギリまで支給を減らすとかえって生活再建のためのハードルが高くなって万年化を促進してしまいかねないにょ。減らすなら一律減額なんかじゃなく、万年化に応じて減らすぐらいの配慮はあるべきだにょ。
 理屈では何とでも言えるけど、収容施設に入った状態で強制労働させられながら生活再建して自律の道を築くなんてのは、高度成長期ならともかく今の日本ではまず無理な話だにょ。
 楽したいから生活保護受けてる(そんなに多くはない)連中の存在を理由に、そうじゃない(多くの)不本意な受給者の生活再建の道を閉ざしてしまうのは、まともな国のすることじゃないにょ。

 結局、生活保護の待遇をきつくしても、それは受給資格者の数を減らすことには繋がらないと思うにょ。かえって受給が万年化してしまうか、あるいは受給しない代わりに大量のホームレスが生まれて都市環境が悪化するだけになってしまうだろうにょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
続・生活保護受給者は現代の賤民なのかにょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる