結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS ローソンストア100の冷凍さんまを食ったにょ

<<   作成日時 : 2012/01/13 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ローソンストア100に2匹パックの冷凍さんまがあったのを、どんなものかにょ?と思って買って来たにょ。
 グリルとか魚焼き器とか無いから、普段は火(熱)の通り易い開きぐらいしかオーブンレンジで焼いて食べないのだけど、ちょっと小ぶりで火の通りも良さそうなので、試してみることにしたにょ。

 うちのマンションはガス管は屋外の給湯器にしか来てないので、部屋の中にはホットプレート式の電磁調理器しか付いてないにょ。鮭の切り身とかならともかく、それでさんまを焼く気にはならないので、とりあえずオーブンレンジのオーブン機能で焼くというのがオーソドックスな方法にょ。
(オーブントースター用に魚焼き用の網とかあるからオーブントースターで焼けないことも無いのだろうけど、うちにある三菱製のオーブントースターはタイマー設定に関わらず5分過ぎたら切れてしまうという、パンとかを焼く以外には使えない困ったちゃんなので、まず魚を焼くのは無理だろうにょ)

 ところが、オーブンレンジで普通に魚を焼くなんてことは、レンジの取説にも、そこらのレシピを探しても見つからないので、自分流に試行錯誤をするしかないにょ。

 とりあえず、1匹をオーブン機能で焼くにょ。レンジ機能で解凍後、オーブントースター用のトレイに網を乗せて、オーブンレンジの皿の上に置くにょ。以前はガスレンジ用の丸い受け皿付きの魚焼き網を使っていたけど、このタイプは受け皿にスリットがあって落ちた油が漏れるので、いちいちアルミホイルで覆わなければいけなかったにょ。その点、オーブントースター用のトレイと網の組合せならその面倒はないにょ。サイズは小さくなるけど、どうせ1人分の魚を焼くだけだから十分かにょ。
 設定温度を上限の230度にして8分間、その後でひっくり返して5分ぐらい焼いてみるにょ。時間は適当なので、もっと短い時間でも十分かもしれないにょ。
 ま、それなりには焼けていて問題はないのだけど、焼いたというよりも熱して乾燥させたようなイメージが強く、さんまの肉も少しパサパサした感じがするにょ。

 もう1匹は「魔法のお皿」とかいう電子レンジで魚が焼けるとかいう謎なアイテムを使ってみるにょ。レンジで加熱すると皿自体が発熱し、乗せた魚を焼いてしまうというものにょ。
 これもレシピには切り身魚ぐらいしか載ってないから、さんまを丸ごと焼けるかどうかは保証が無いのだけど、子ぶりの魚だから大丈夫かにょ。そのままじゃ皿に収まらないから半分に切って並べて焼くにょ。
 まず、3分30秒ほど加熱し、ひっくり返して30秒加熱するにょ。

 オーブン機能で焼いたのと比べると、意外と油が落ちてないにょ。そのためか、肉もパサパサという感じはなく、さんまらしい油っぽさが残ってる感じかにょ。ただ、皮が皿に焦げ付いてしまうので、ひっくり返したり後の手入れがちょっと面倒かにょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
ローソンストア100の冷凍さんまを食ったにょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる