結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS プルトニウムは危険かにょ?

<<   作成日時 : 2011/08/15 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これも最近の被害妄想言説だけど、政府がプルトニウムに言及してないのはおかしい、すでに取り返しのつかない被害が出てるはずとかいう根も葉もない噂にょ。
 確かに原発事故によって微量なプルトニウムの放出は確認されているけど、被害を考慮するほどの量は放出されていないからだにょ。なぜ放出されないかというと、基本的に質量の重いプルトニウムは核燃料内部に留まり続けるので、チェルノブイリのような核燃料そのものが爆発した事故ならともかく、今回の事故のように水素爆発によって圧力容器内部に漂っていた放射性物質が飛散した程度ではプルトニウムはほとんど飛び散らないにょ。
 プルトニウムが重いから飛び散らないというと、じゃ、何で世界中で(今回の事故とは無関係の)プルトニウムが検出されるのかというと、それは過去の核爆発の結果だからにょ。プルトニウムそのものを原爆の原料として爆発させてるんだから、いくらプルトニウムの質量が重いと言っても微細な粒子の質量なんて原爆の爆発エネルギーに比べたら関係なく、一部は大気の上層にまで吹き上げられるにょ。上層に舞い散った粒子ほどなかなか降下しないので、その間に気流によってあちこちに運ばれて世界中に広がってるにょ。

 プルトニウムは毒性が高いというけど、放射線の影響はともかく、化学的特性はある程度の量が無ければ生じないにょ。使用済み燃料内のプルトニウムをバラまいたわけでもないのだから、飛散してるプルトニウムは化学的影響を与えるには無視できるほどの量でしかないということにょ。
 放射線にしたって比較的エネルギーの高い放射線を出すとか言われてるけど、量が微量なら影響も無いにょ。なぜなら放射性元素というのは核分裂の際に放射線を出すものだから、放射線を出したらもう別の元素に変わっているにょ。けっして一個の原子が継続的に放射線を発し続けるということは無いし、すべての原子が放射線を出してるわけじゃないにょ。
 その放射線を出すのが量子力学的確率の範疇で、その固有値が半減期だにょ。プルトニウムの半減期が何億年もあるってことは、臨界に達しない限り核分裂はその程度の稀な確率でしか発生しないってことにょ。プルトニウムの量が多ければそれでも大いに脅威ではあるけど、福島の事故で飛散したレベルでは、他の放射性ヨウ素とか放射性セシウムとか放射性ストロンチウムの影響に比べたら無視出来るという話にょ。

 そもそも過去の核実験でそれなりの量のプルトニウムが世界中にばらまかれてるのに、それで有意な健康被害が発生していない(発生してもわからないというのが本当かもしれないけど)ということをよく考えるにょ。

 放射線の話に限らないけど、よく動物実験でどれこれの影響が見られたとかいうのがあるけど、そういう実験に使われる試料はたいてい極めて高濃度の物質であり、人間より影響を受けやすい小動物で実験されてるということに注意が必要にょ。
 放射性セシウムに触れた人が死んだとかいう話がWikipediaとかに書かれてるけど、そりゃそんな高濃度の放射性セシウム純粋物質なんかに触ったらどれだけの放射線が出てるかなんて想像もつかないにょ。原爆事故で飛散してるセシウムなんかとは天文学的に量が違う場合の話だと知る必要があるにょ。
 プルトニウムだって原爆の材料に使われてる高精度のプルトニウムに直に触れたりしたら大変なのは当たり前だけど、それがそのまま飛散してるわけではないにょ。

 あと、プルトニウムは完全に人工の放射性物質だと思われているかもしれないけど、過去に自然発生していた可能性は大きいにょ。ウラン235の半減期が7億年ということは、7億年前には現在の倍、14億年前には4倍の濃度で存在したということにょ。もし仮にウラン鉱床が地下水等によって自然精製される環境があった場合、原発燃料と同程度の濃縮ウランが生成され、これが反応してプルトニウムを発生させていた可能性があるにょ……というか、そういう痕跡がいくつか発見されてるらしいにょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
プルトニウムは危険かにょ? 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる