結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国で高速列車事故かにょ

<<   作成日時 : 2011/07/26 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中国の高速鉄道は独自技術だから世界中で特許をとるとか言ってるのが話題になった直後だから余計に注目を浴びてるわけだけど、さすが中国、想像の斜め上を行く対応をしてくれてるにょ。
 事故そのものがすでに世界中のニュースになってるのに、そこで事故車両を破壊して埋めたりしたらどんな国際的評価をされるのかは容易に想像がつくだろうに、当局の責任者はそんな判断力もなかったのだろうかにょ?

 高速鉄道が国策で進められてる以上、これだけの事故が起こったのなら鉄道当局だけでなく中央政府の関心ごとになるはずなんだけど、まさか政府(共産党)の要人の指示で埋めたりなんかはしてないと思うにょ。いまさら事故隠蔽とは思えないけど、事故原因が明らかにされることによる責任追及を恐れて鉄道当局が証拠隠滅に走ったという可能性は否定できないだろうによ。
 さすがに車両を埋めたのが世界中に報道されたら拙いと思ったのかあわてて掘り返してるけど、これは上からの指示かにょ?

 しかし、鳴り物入りで登場した高速鉄道なのだから、中央政府から事故対応の陣頭指揮をおこなうような人物が出てきてもおかしくないのだけど、当局が事故車両を埋めるがままにしてたというのは、中央政府の指導力に何らかの異常が起きてるとも考えられるにょ。
 そこで思い浮かぶのは最近の江沢民死亡報道だにょ。中国当局は否定してるけど、江沢民の健康状態が危険なのはそれ以前から出回っていたので、死亡したでないにしても危篤状態なり脳死状態が続いているという可能性は大いに高いにょ。すると、共産党内の政治勢力図に変化が起こったというか、権力闘争が沸き起こってるさなかで、高速鉄道の事故になんか構ってられない状況だということもありうるにょ。

 それに気になるのは当局が死者35人に拘ってるというところにょ。あれだけの大事故で死者が35人で済むのかどうかは知らないけど、少なくとも多くの中国人は実際の犠牲者はもっと多いと考えてるみたいにょ。(福知山線の脱線事故では100人以上死んでるけど、あれは通勤電車で立ち客がいっぱいだったから単純に比較できないにょ)
 ま、35人に拘ってるのは、その数字が列車事故の際の責任の問われ方の境目だからって話もあるけど、どうなんだろうかにょ。列車を埋めたのも事故原因より死亡者の隠蔽が目的だったとしたら酷い話にょ。

 昔のように当局の思惑で情報が隠蔽できる時代なら、事故の有無まではともかく、その被害規模を包み隠すことはできたのかもしれないけど、今や中国でもネットが普及してるにょ。外国の情報をゲートウェイで遮断することは出来ても国内を飛び交う情報を隠すことは出来ないにょ。
 中国政府は中東革命の影響が中国に及ぶのを怖れてるみたいだけど、そんなものよりこういう具体的な国内の事件の方が民主化運動の活発化には繋がりやすいと思うにょ。ソ連崩壊の引き金を引いたのはチェルノブイリ事故後のグラスノスチ(情報公開)だったというけど、この高速鉄道事故が中国民主化に繋がっていくのかどうかは興味深いにょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
中国で高速列車事故かにょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる