結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐沢なをき『マンガノゲンバ』取材騒動の話にょ

<<   作成日時 : 2009/09/15 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 素人感覚では、こういう取材番組は最初に取材ありきで、取材した結果を踏まえて番組を構成して作っていくものだと思ってたのだけど、そうではないらしいにょ。事前に書いたシナリオに沿って、その番組意図に見合うように取材して番組を作るのが普通らしいにょ。

 もっとも、取材が最初とかやってると、番組一つ作るために無駄な取材を山ほどしてコストや時間を掛けてしまうし、そこまでしても番組として面白いものが出来ない場合も出てくるだろうから、最初からどんな風な流れの番組にするかとかいうのを決めておいて、それに沿うように効率的に取材をしていくというのはわからないでもないにょ。でも、それは演出的な味付けであって、決して取材内容を捏造して良いとは思わないにょ。
 NHK出身の経済学者の先生のつぶやきによると、こういうことは普通に行われていることらしいけど、どうなんだろうかにょ?

 ま、そういう取材番組の実態よりも、ふと思ったのは始末のつけ方の方だにょ。今回は取材を途中で打ち切って放送中止という結果になったわけだけど、あすかならむしろ、取材には最後まで応じた上で、番組の最初と最後に「この番組はフィクションです」という断りをテロップとナレーションの両方で明確に入れるように要求した方がNHKに対する嫌がらせになって面白いと思うにょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
唐沢なをき『マンガノゲンバ』取材騒動の話にょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる