結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 下には下があるものだにょ

<<   作成日時 : 2009/05/18 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 この閉塞感ままならない日本の状況を見てると、自然と与党・自民党に非難の目が行くにょ。小泉改革で変わったはずの自民党もいつの間にか小泉改革を否定する旧態依然とした体制に変わってしまった感じで、こりゃ、どう足掻いても日本が良くなるはずがないと思えるにょ。

 ところが、世の中、下には下があるもので、民主党の一連のお粗末な執行体制の変更茶番劇を見てると、自民党が遥かに健全で頼もしい政党に見えてしまうにょ。実際には自民党も腐りきって救いようのない状態なんだろうけど、民主党みたいな肥溜めの奥底に沈みこんでるぐらいの酷いのと比べるとずいぶんマシに見えるってだけの話だろうかにょ。
 ま、民主党が政権を取って日本の国が崩壊してしまうくらいなら、共産党の一党独裁政権とか、公明党政権での池田大作支配体制とかの方が、まだ幾分マシなような気がするにょ。民主党より酷いのは国際テロを平気で支援する社民党ぐらいだろうかにょ。

 それなのにマスゴミは自民党を倒すのが正義とばかりに民主党応援の報道ばかりやってるから、アホな愚民どもはそれを鵜呑みにして、選挙で民主党に投票したりするんだろうにょ。
 ま、自民党が投票にふさわしいとは言えないから、現実には投票するに値する候補がいないって話になるんだろうけど、だからって民主党に投票するのは投票用紙をどぶに捨てるよりも最低だろうと思うにょ。
 実のところ、民主党も前原時代には大いに期待したのだけど、あれが偽メール事件の連帯責任で潰されてしまってしまって小沢・鳩山・菅のボケ老人3人体制に戻ってからは、もう何も期待するものは無くなってしまったにょ。
 民主党が本気で政権を狙いたいのなら、まずこの3人を切り捨てるべきだとしか思えないんだけどにょ。

     国 民
      ↓
  (超えられない壁)
      ↓
     自民党
      ↓
  (超えられない壁)
      ↓
     民主党
      ↓
     マスゴミ
      ↓
     愚 民
      ↓
     社民党

(註)
・「国民」とは自立した主体的な政治意志を持った日本国民のこと。
・「愚民」とは主体的な政治意志を持たずマスゴミに操られる存在。
・共産党と公明党が無いのは軸線の違う別次元の存在であるため。
・その意味では社民党も同様だけど、ここはどの軸でも最低で不変。
・真のジャーナリズムが存在するなら国民のすぐ下あたりにあるはずだが……
・マスゴミは政党はおろか国民よりも自分が上だと思っているが、彼らが国民として意識してるのは愚民のことなので、この程度の位置。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
下には下があるものだにょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる