結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『2030年のテクノロジー「未来の鉄道」』を見たにょ

<<   作成日時 : 2009/02/03 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ディスカバリーチャンネルでやってた番組にょ。磁気浮上式のリニアモーターカーから始まって、現状で考案されている鉄道の未来予測を扱ってたにょ。
 面白そうだったのは、断続的なチューブ状の高架リングに車輪をつけて、列車の方にレールの代わりの溝を作り、車輪でそこを転がすことによって列車を進行させるというシステムだにょ。ま、車両1台を高架リング2〜3基で支えなければいけないことを考えたら、敷設の敷地は現状の高架線路と比べてあんまり省けないような気がするけど、高架線路の建設費用そのものは大幅に削減できるかにょ。
 最後の地球縦貫列車は、よほどの技術革命でも起きない限り実現不可能だと思うにょ。番組で指摘されてた高温高圧も問題だけど、それ以前にマントル対流とかでレールが固定できないってことが忘れられてるにょ。

 どうでもいいけど、一番気になったのは番組の一番最後に出てきた映像が、富士山をバックに走る100系新幹線ってことだにょ。いったいいつ作成された番組か知らないけど、N700系とかネコミミ新幹線が出てたからそんなに古いものじゃないはずだけど、未来の鉄道どころか明らかに過去の映像流してどうするのかにょ? これが500系とか700系ならまだわからない話でもないんだけどにょ。
 外国人にとっては新幹線は未来型鉄道の象徴ってことなのかにょ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
『2030年のテクノロジー「未来の鉄道」』を見たにょ 結城あすかの毎日電波思考 (あすか日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる